2014年10月14日

Babel dish制作日記 その2

 敵画像を描いています。
 現在、31匹/110匹完成です。
 先は長い・・・

 ちなみに、下の画像はいつものアイツです。相変わらずの憎たらしさです・・・

enm001.jpg

タグ:Dish BABEL
posted by Y+Y=M.H at 01:14| Comment(8) | Babel dish制作日記
この記事へのコメント
うぃっしゅドラゴンでは、
ちょこちょこ変えて77匹作りましたけど、
まず敵を描いてみて、後から名前だの登場場所を決めましたね・・・。

おかげで多すぎるぐらいでした!
Posted by VeLTiNA at 2014年10月14日 20:02
ムーンゴッデスでは、テストプレイしながらその地方に行くたびに思いつきで描いて名前とか決めてましたね。

今回はBabel2をベースにしているので、敵の名前とかある程度の容姿で悩む事はなさそうです。
作画は一応、全部やりなおしておりますが。

今回も今後もですが、まず種族を決めて、それから種族ごとのランクごとに名前を設定し描いていく事になりそうです。
こうした方が私には描きやすいです。

ちなみに、Babelでも、110匹は多過ぎて持て余してしまうんですけどね・・・
Posted by Y+Y=M.H at 2014年10月14日 22:23
種族や属性の要素を元々考えずに作っていたので、
後で作っておけばよかったなーと思っていた点ですね。

次回RPGを作ることがあれば改善していきたいとは思います。
Posted by VeLTiNA at 2014年10月14日 23:18
種族決めておくとこんなにも考えやすいのか、という感じです。

次回作を作られるときは本当にオススメです!
Posted by Y+Y=M.H at 2014年10月16日 00:02
後になって種族・・・と思ったのは、
武器とかの特性に「ドラゴン系に+50%ダメージ」とか、
装備効果に出来たなぁと・・・今からでも出来ない事はないんですが、もう欄が一杯だから結局作らず。^^;
Posted by VeLTiNA at 2014年10月16日 08:22
後から付け足していくとデータ管理が大変ですもんね・・・
Babelはせっかく種族を作るので、特定種族への付加効果を検討してみようかな〜。

VeLTiNAさんのアイデアのパクリになってしまいますが^_^;
Posted by Y+Y=M.H at 2014年10月16日 22:37
>VeLTiNAさんのアイデアのパクリになってしまいますが^_^;
いやいや、いろんなRPGで使われてますからぁ!w

後に出したウィッシュドラゴンでは、装備効果とスキルは同じ処理にしたので、装備の付随効果は、スキルでも使えるというお得(?)な仕様になっております。

なので装備に「ドラゴン系にダメージアップ」の効果を作れば、スキルで「ドラゴン斬り」も出せます。

他にも対象や回数などもアイテム(スキル)設定に組み込みました。

対象:自分自身、敵1体、敵全体、味方1人、味方全体、ランダムで敵1体、ランダムで味方1体、ランダムで全体から1体

回数:1回、2回、3回、4回、1〜2回、1〜3回、1〜4回

効果:○属性攻撃、攻撃時MP吸収、100%ヒット、状態異常になる・・・etc

ただ、アイテム説明欄がめちゃめちゃ文字一杯になりました・・・。
Posted by VeLTiNA at 2014年10月18日 09:17
VeLTiNAさんはアイテム管理は独自のソフトかデータベースを使われました?
コメントを見ると、後付けなどにすごく柔軟に対応できるようなので羨ましいです。

アイテム説明欄は、最初に最大文字数を決めて(1行で表示できる数)、あとはそれに上手く収まるようにするのに苦労した思い出があります・・・

Posted by Y+Y=M.H at 2014年10月22日 00:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: